福岡でのボードゲーム紹介・攻略blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、紹介するのは交渉ゲームの名作「ジェノバの商人」


商業都市ジェノバを舞台に『商人』となってお金を稼ぐゲーム・・・なのですが、
この商人さん達は、ひとりぼっちがさびしいのか、はたまた他人が信用できないのか?
全員一緒に行動する事にこだわります。
なので、ゲーム中は全員一緒に移動をする事になります。


ゲームの基本システムですが、毎ターン、リーダが何処に行くのか決定した後に、
他の人はそれに従って行動する事になります。
その為、自分が行きたい場所に行くためには、リーダとの交渉が必須になります。


110604_0544~0001



例:ターン毎に出発地点をダイスで決めた後・・・
A「さて何処に行こうかな?」
B「酒場に行ってくれたら10ダカット払うけど?」
C「酒場に行くのなら途中で郵便局に寄ってくれたら10ダカット払うよ?」
A「う~む?」
D「あー、AさんAさんそんな風紀の悪い所に行くより金属倉庫に行ってくれたらこっちは15ダカット払うよ?」
E「金属倉庫に行くのならちょっと足を延ばせば『邸宅』に行けるじゃないか、どうだろうここは10ダカットで?」
A「ああ、それなB・C「ちょっと待て!それならこっちは・・・」

と言う風に進んで行き、
規定のターンが終了後、一番資産を増やした人が勝者となります。


交渉がメインと言う事で、初心者の方はちょっと腰が引けるかもしれませんが、
長くても2時間ぐらいで終わる良ゲームです。
食わず嫌いをせずに試しにやってみる事をお勧めします


・・・ああ、けどご用心。
交渉に熱くなり過ぎて「胸の肉1ポンド」とか賭けません様に・・・


                           kuro


カルカソンヌ追加キット2 商人と建築士
カルカソンヌ追加キット2 商人と建築士
Hans im Gruck
売り上げランキング : 18652


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

管理ページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。